メニュー

こどもの皮膚疾患

乳児湿疹

赤ちゃんは生後2~3ヶ月頃までは、ホルモンの影響で皮膚から脂がたくさん出てきます。放っておくとよごれがたまり、皮膚のトラブルのもとになります。乳児湿疹をそのままにしておくと将来のアレルギー疾患が増える可能性があるともいわれており、早めの対応が大切です。ぜひご相談ください。

おむつかぶれ

おむつでむれたり、うんちやおしっこが刺激になって皮膚がかぶれます。ときどきカビが原因になっていることがあり治療も異なるので、きちんと原因を見極めて治療する必要があります。

乾燥肌

皮膚が乾燥すると皮膚のバリア機能が低下し、皮膚の病気にかかりやすくなります。保湿剤にはたくさん種類がありますので、お子様に一番あった保湿剤を一緒にお選びし、正しい塗り方もご説明します。

アトピー性皮膚炎

かゆみのある湿疹が、良くなったり悪くなったりを繰り返す病気です。正しいスキンケアをおこなった上で、お薬を正しく塗る必要があります。治療が長期間になることが多いのですが、忍耐強く治療できるようサポートいたします。

とびひ(伝染性膿痂疹)

細菌が皮膚に感染してジュクジュクします。これをかきこわした手でほかの場所をかくと、そこにうつって「飛び火」します。他の人にうつる可能性もあります。抗生物質の内服や塗り薬で治療します。

水いぼ(伝染性軟属腫)

ウイルス感染によるイボです。自然に治ることも多いのですが、6ヶ月~3年と長い時間が必要です。その間にひろがったり他の人にうつることがあります。つまんでとる治療が一番早く治る方法です。時間がかかりますが漢方薬で治す方法もあります。

ニキビ(尋常性痤瘡)

毛穴がつまり、中でアクネ菌が増えて炎症を起こしています。洗顔はもちろん大切ですが、保湿剤、塗り薬を併用することで、よりきれいに治すことができます。

当院の治療方針

皮膚疾患は、皮膚を清潔に保つ、保湿をしっかり行うなど日ごろのスキンケアで改善される点が多くあります。スキンケアの具体的な方法、薬の正しい塗り方、症状に合わせた生活上の注意事項など、丁寧にご説明いたします。また小学生以上のお子様に対しては、自主的に治療に取り組めるようサポートします。

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME